子供 視力回復トレーニング 自宅

小学生が自宅でできる!1日たったの13分の視力回復法

↓↓↓↓↓↓↓↓


〜自宅トレーニングセット・CD−ROM,メールサポート付〜

 

 

 

小学生の子どもが最近黒板が見えづらいというので、眼科で診てもらいました。
そしたら、やっぱり、右0.7、左0.3と言う結果。

 

去年の視力検査ではA判定(1.0以上)だったのでまさかこんな短期間で視力が低下するとはびっくりです。
確かに、去年からゲームで毎日長時間遊ぶようになっていたので、時間制限をつけて、なるべく目の負担がかからないように気を付けていたつもりだったのに。

 

黒板が見えづらいとなると、メガネをかけることになるんでしょうか。
息子はまだ小2なので、こんなに早いタイミングでメガネのお世話になるのは可哀そう。
本人もメガネはダサいからイヤだと言ってますし。

 

メガネをかけると、どんどん視力は落ちていきますしね。

 

視力を回復する方法を眼科で聞いてみたら、ワックという機械を使った視力訓練方法があるらしいんです。効果は個人差があるみたいですが。

 

ママ友にも相談してみたら、ワックに2ヶ月通っても仮性近視が治らなくて、本当の近視(真性近視)になって今はメガネをかけている子もいるということをききました。

 

子どもの視力低下はまず仮性近視になります。
仮性近視になったら、急激な速さで視力が落ちていくんだそうです。大人の3倍の速さだそうです。
黒板が見えづらくなっても、長時間パソコンやiパッドなどでゲームや漫画を読んだりする生活を続けていくとあっと言う間に本物の近視になってしまうのだそうです。
ゲームは1日30分くらいにした方がいいみたいです。

 

でも、仮性近視の時期に適正な視力回復トレーニングをすれば、視力は元に戻るんだそうです。
この時期を過ぎると、視力をもどすのはなかなか難しくなるみたいです。

 

仮性近視のうちの早期対処が大事なんですね。
今ならまだなんとか息子の視力も回復できるかも!

 

ママ友の意見もふまえつつ、子どもの視力を元に戻す方法をいろいろ調べてみました。

 

ブルーベリーとかのサプリ飲んでみたり、目薬(ミドリン)使ったけど効果は感じなかったとか、、。

 

そしたら、口コミで評判が良かったのがコレ↓です。
自宅でできる視力回復トレーニング。

 

1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法

〜自宅トレーニングセット・CD−ROM,メールサポート付〜